title.gif (12182 バイト)

更新日 2009年5月23日

nternet Explorer 5.5 以降対応 MP3オーディオはビットレート平均128kbps、44.1khz、stereoです
笛の画像をクリックしてください
月宮殿 田町組 『獅子』 7分23秒
yoisa.gif (1014 バイト)
-
創立38年目-

長浜曳山祭囃子(しゃぎり)保存会は古来より伝わる囃子を保存・伝承するため、

昭和四十六年に結成しました。全部で十二の山組と一団体により構成しています。

昭和五十年、しゃぎりの五線譜化により若衆から小・中学生へと講習を広めました。

しゃぎり継承をはかる為、山組地域外のお子さんへの講習を進めてきています。

長浜曳山祭の十二の山組と長浜豊国神社 恵比寿(えびす)囃子の会員。子どもは約120名、大人約60名


お知らせ

長浜曳山祭囃子(しゃぎり)次第 を掲載しました。出番山各町でご参考にしてください。






CDジャケットは一枚づつ保存会の押印がされています

1998年3月1日に「長浜曳山祭しゃぎり」CDをリリースいたしました。

しゃぎり保存の為、1997年9月に滋賀県立長浜文芸会館で収録(録音)を行いました。

全22曲、長浜曳山祭囃子(しゃぎり)保存会と独自の曲を持つ4つの山組

の代表的な曲です。ジャケットには各曲の紹介を添えています。

頒布価格
1200円(送料別)【郵送致します】

長浜市内の下記にて頒布中
本会は販売ではありません。原価に基づいた頒布です
長浜曳山博物館


現在、郵送によるお届けができます 1510円
郵送による発送は郵送料240円と振込手数料70円(郵便振替)です。
お問い合わせください。 TEL 0749-62-3420
北國街道沿い  松岡印判店( shoeido@waltz.ocn.ne.jp )




 CD ジャケット全文
長浜曳山祭 囃子        長浜曳山祭囃子保存会

長浜曳山祭において曳山で囃される囃子を、長浜では「しゃぎり」と呼んでいます。囃子は曳山の二階部分の亭(ちん)で、太鼓・しめ太鼓一人、すり鉦一人、篠笛四〜五人の六〜七人編成により行います。伝承されてきた囃子を五線譜化した楽譜を用いる曳山組と、独自の口伝の符を用いている曳山組(月宮殿、猩々丸、青海山、萬歳楼)があります。本CDには、五線譜化された曲は本保存会名、他は、それぞれ伝承している曳山名で表しています。いずれも、曳山の曳行や曳山狂言(「山の芸」)と関連して囃しています。尚、収録している曲は、伝承している曲のうち一部重複する曲を省いています。

長浜曳山祭囃子保存会の囃子

1.御遣り(おひやり)
一般によく囃されるもので、4月14日の登り山(送り山)の時に町内から長浜八幡宮の境内入口まで、15日の八幡宮からお旅所までの「道中」で曳山を曳行している時に囃す。

2.神楽(かぐら)
4月14日の八幡宮神前と、15日のお旅所神前において囃す。また曳山狂言終了時に「切り笛」(独奏)と呼ばれる導入部から囃す。収録した「神楽」は「神楽の出」と呼ばれる前奏部から始めている。八幡宮及びお旅所の神前入りの時のみに囃す。おごそかな出だしから一転して曲調の速い「神楽」に引き継ぐ。

3.戻り山(もどりやま)
4月15日のお旅所で御輿還御とともに囃し出すもので、「しゃぎり」の中でもテンポが速く賑やかなものである。お旅所から町内に帰る間と16日の後宴に曳山曳行・曳山狂言に伴って囃す。

4.奉演間(ほえま)
曳山狂言が開始される前に囃され、囃子の中では一番ゆっくりしたもの。また、曳山が所定の位置に停止した時、「奉演間」を一段だけ囃す。これを「おちつき」とも呼んでいる。

5.出笛(でぶえ)
「奉演間」が終わると、この「出笛」を吹く。リーダーが単独で吹くもので、この「出笛」が終わるとすぐに三味線が弾かれ、浄瑠璃が始まり子供狂言が演じられる。

月宮殿の囃子

6.起し太鼓(おこしだいこ)
月宮殿では「桜囃子」とも呼んでいる。4月13日朝(御幣迎え)15日朝(祭本日の朝渡り)等の未明に若衆や祭礼関係者を起こしてまわる時に囃す。

7.獅子(しし)
月宮殿の囃子を代表する曲で、曳山を曳行している時に囃す。曲の初めに「吹き出し」(独奏)がある。この吹き出しは曲中にも挿入されることがあり、囃子が変化に富む効果がある。また「吹き出し」は一番だけの場合もある。

8.ななし
曳山が停止している時の曲であると同時に、曳山狂言が開始される直前に吹奏する曲で、別名「おちつき囃子」とも言われる。

9.祇園囃子(ぎおんばやし)
曳行中の曳山が、曳山狂言執行場所に停止した時に囃す。「獅子」の勇壮華麗なのに対し華やかな中に落ち着きのある曲で、進行中の「獅子」と停止中の「祇園囃子」は共に月宮殿の代表的な曲である。

10.出笛(でぶえ)
曳山狂言の開始を告げる曲で、笛のリーダーが単独で吹奏する。その曲の内容は月宮殿独自のもの。

猩々丸の囃子

11.鶴の巣ごもり(つるのすごもり)
「御遣り」にあたる曲で、登り山の時と、八幡宮からお旅所へ曳行される道中に囃す。勇壮でテンポも速く、動きのある曲である。

12.神楽(かぐら)
八幡宮とお旅所での神前入りに囃す。低音部が多く、速さは除で非常に荘厳である。

13.ゆずりは
曳山が停止している間に奏する曲で、別名「おちつき囃子」とも言われ、速度も中庸で「神楽」と共に雅楽調のところがあって、優雅である。「奉演間」に相当する。

14.出笛(でぶえ)
狂言開始に際し、横笛一管で奏する。清閑な曲である。

15.起し太鼓(おこしだいこ)
13日と15日の未明に若衆・中老等、祭礼関係者を起時に囃す。軽快で陽気な曲。

青海山の囃子

16.豊公楽(ほうこうらく)
曳山の曳行の際(八幡宮及びお旅所の両神前を除く)に囃す。保存会発足時に作曲され、現在は北町組青海山で保存されている。

17.太平楽(たいへいらく)
曳山狂言開始前及び曳山が所定の位置に停止した時に囃す。「奉演間」に相当する。

18.起し太鼓(おこしだいこ)
13日と15日の未明に祭礼関係者の戸を叩いて起こして歩く時に囃す。その際、曲に合わせて『オーキヨ オキヨ』と歌いながら町内を回るため、「オキヨオキヨ」という名でも呼ばれている。

萬歳楼の囃子

19.奉演間(ほえま)
曳山狂言が開始される前に囃す。保存会の「奉演間」は六段の構成に対し萬歳楼は五段である。太鼓の独奏で各段をつなぎ『よいとーまーか、どっこい』のかけ声で次段に移る。別名、「おちつき囃子」という。萬歳楼の「奉演間」ではすり鉦を用いない。

20.戻り山(もどりやま)
萬歳楼独自の吹き出しつまり、「神楽」の曲より「戻り山」の曲に入っていけるように工夫されている。御輿還御の時に囃す。これは保存会の「戻り山」には見られない曲構成である。

21.にわか
昭和天皇の御大典を記念してつくられた曲と伝えられる。4月13日、15日の起し太鼓の際に用いられる。別名「べっぴん囃子」、「桜囃子」と称する。

22.起し太鼓(おこしだいこ)
4月13日、15日の未明に、祭礼関係者を起こす時に囃す。起し太鼓として古い曲である。曲調は優雅で哀愁がある。

CDインレイ
                              
*** MP3オーディオファイル ***
オーディオファイルはMP3形式で圧縮されています
品質は頒布のCDのものとは異なります

笛の画像をクリックしてください


 1 御遣り        長浜曳山祭囃子保存会  3’44”

 2 神楽(神楽の出から) 長浜曳山祭囃子保存会  3’25”

 3 戻り山        長浜曳山祭囃子保存会  2’52”

 4 奉演間        長浜曳山祭囃子保存会  7’26”

 5 出笛         長浜曳山祭囃子保存会  1’33”

 6 起し太鼓       月宮殿 田町組     2’23”

 7 獅子         月宮殿 田町組     7’23”

 8 ななし        月宮殿 田町組     2’56”

 9 祇園囃子       月宮殿 田町組     6’03”

10 出笛         月宮殿 田町組     1’29”

11 鶴の巣ごもり     猩々丸 舟町組     3’51”

12 神楽         猩々丸 舟町組     2’38”

13 ゆずりは       猩々丸 舟町組     2’17”

14 出笛         猩々丸 舟町組     0’49”

15 起し太鼓       猩々丸 舟町組     1’39” 

16 豊公楽        青海山 北町組     2’52”

17 太平楽        青海山 北町組     2’56”

18 起し太鼓       青海山 北町組     1’44”

19 奉演間        萬歳楼 瀬田町組    5’22”

20 戻り山        萬歳楼 瀬田町組    3’53”

21 べっぴん       萬歳楼 瀬田町組    1’57”

22 起し太鼓       萬歳楼 瀬田町組    3’20”



このCDは長浜曳山祭囃子保存会の許諾なく賃貸業に使用することを禁じます。また、個人で利用する等の場合を除き、無断で複製することを禁じます。

実費頒布 STEREO 制作 長浜曳山祭囃子保存会
録音 1997年9月27日、28日 滋賀県立長浜文化芸術会館にて 

長浜曳山祭囃子保存会は古来より伝わる囃子を保存・伝承するため、昭和46年に結成しました。全部で12の山組と1団体により構成しています。




当ページに掲載のMP3オーディオファイル長浜曳山祭囃子保存会の許諾なく複製、転載または改変することを禁じます。個人で利用する目的の場合の複製は除きます。このページへのリンクは自由です。

株式会社 XEBEC(ジーベック)の協力によりしゃぎりCDを制作しました

CD収録風景 写真提供 青海山




 

長浜曳山祭しゃぎり保存会へのお便りはこちら

shoeido@waltz.ocn.ne.jp

長浜では『おはやし』ではなく、『しゃぎり』と呼びます
 

長浜曳山祭囃子保存会事務局

〒526-0056 滋賀県長浜市元浜町7番2号 (松岡印判店)